トップページ > Webギャラリー > 個展 > 小西太郎さん


小西太郎さんの個展コーナー


小西太郎さんの作品を写真でご紹介する個展コーナーです。
作品は拡大表示した時に、画像右半分をクリックすると次の画像が表示されます。

金山鉄道「照明塔」〜2

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


<照明塔>
Aプラ材はL型3ミリ・角材2ミリ、1ミリ・丸棒1ミリ・パイプ5ミリ、3ミリなどを使用。
苦労した部分はライトのカバーとライトからのコード配線でした。
配線は3ミリのパイプに8本の銅線を通して机の下に持ってきました。


12345

金山鉄道「照明塔」〜1

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


<照明塔>
@機関区の照明塔が完成。
上部の電気は思ったよりかなり明るいです。下段のライトは極小で壊してしまったので後日付け加えます。
延長コードは0.3mmの銅線を使いました。さかつうの基板を使うと取付がすっきりします。
Aへ続く


12345

金山鉄道「田畑の野菜」〜3

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


写真の続きです。
田んぼの稲はフィールドグラスです。

<田畑の野菜>
田畑を製作。作り直しをした為、2か月近くかかりました。
キャベツ・大根・トマトなど色々作りました。田んぼは色々考え作り方を写真にしました。
写真が5枚では収まらなかったので続けて写真のみ投稿します。


123

金山鉄道「田畑の野菜」〜2

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


続きです。

<田畑の野菜>
田畑を製作。作り直しをした為、2か月近くかかりました。
キャベツ・大根・トマトなど色々作りました。田んぼは色々考え作り方を写真にしました。
写真が5枚では収まらなかったので続けて写真のみ投稿します。


1234

金山鉄道「田畑の野菜」〜1

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


<田畑の野菜>
田畑を製作。作り直しをした為、2か月近くかかりました。
キャベツ・大根・トマトなど色々作りました。田んぼは色々考え作り方を写真にしました。
写真が5枚では収まらなかったので続けて写真のみ投稿します。


12345

金山鉄道「山門」

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


<山門>
湖畔に神社の山門があります。


12345

金山鉄道「湖畔」

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


<湖畔>
作業用の穴を取り外し可能の湖を製作。周りをリアスティックウオーターがこぼれないように囲いを作ったが、べニアがしなっていた為、零れ大変でした。


123

金山鉄道「機関区」

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


<機関区>
機関区がほぼ完成。あと照明塔を作ります。機関区奥の踏切も増設しました。


12345

金山鉄道「山とトンネル」

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


<山とトンネル>
山は2か所。1か所はコントロールボックスを隠し取り外し可能としました。
木材で基礎を作り、段ボール及びボール紙の帯をかけ、カトー製のプラスターネットを被せる。
その上から石膏プラスターを塗りました。


12345

金山鉄道「駅周辺」

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


駅周辺の建物はまだ固定してません。
ホームの立食そばは器から汁、割りばし、七味も手作り。
前掛けをしたおばちゃんがお客にそばを出しています。
人々が会話をしている様子を描いているつもりです。


1234

金山鉄道「コントロールボード」

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


<コントロールボード>
パワーパックは天賞堂製を木枠に入れました。
電源スイッチ・ポイントマシン操作板は秋葉原でアルミボックスを購入し配線しました。
最後は複雑で頭が混乱しましたが何とか完成しました。


1234

金山鉄道「ターンテーブル」

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


<ターンテーブル>
ATLAS製のを基本に上部に乗せました。
0.5mmずれても脱線するので目の前でも操作できるように別のコントロールボックスを作成しました。


12345

金山鉄道

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


製作記を続けていますが今回は現在の様子を投稿しました。
構内にバラスト・茶と緑のパウダーを撒き道路標識・バス停・駅前不動産屋・看板などを設置しました。
これからはホームの電飾と待合所を作ります。


12345

金山鉄道「峡谷と鉄橋」

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


テーブルにベニヤパネルを形に切り、レールを敷き、大橋の仮橋を作り試運転をする。
石膏プラスターシートが被せられるように土台を作りシートを被せる。
プラスターで岩のイメージを作り色塗りし大橋を設置する。


12345

金山鉄道「滝」

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


第2回滝。
まず発砲スチロールで形を作り、石膏プラスターを塗る。
乾いたら薄く青色で水の影を表現。
グロスポリマーメディウムジェルメディウムをプラスチック板に塗り、1日おいて滝本体のところどころに接着する。
滝壺は綿で表現。


12345

金山鉄道「カーブ鉄橋」

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


底・・・5mm板をカーブに合わせカット。両端はコの字型のアルミをRに合わせ曲げる。天井にもつけるので4本作る。
側板・・・プラスチックキットの側板をカーブに合わせひもで縛る。1週間位。底と側板をネジで固定しキットの屋根を付けアルミで補強し塗装し完成。


12345

金山鉄道

製作者:小西太郎さん
スケール:HO
サイズ:6畳


’14年の11月から製作しています。’13年に定年を迎え横浜から蓼科に移転しました。 5000円のテーブルを5個イケアで買いそれを土台にしました。 レイアウト設計を何度作り直したか。1〜2年かかりました。 最小半径は610R、最大勾配は2.3%です。
レールを敷いた後、谷間の滝を制作。 そのあとターンテーブル、駅、駅前、神社(御柱が立っています)、山とトンネルという順で。 まだ未完成ですが今回は現在の全体の写真を送ります。順次部分的に送ります。


12
このページの先頭へ