トップページ > Webギャラリー > 個展 > 太郎さん


太郎さんの個展コーナー


太郎さんの作品を写真でご紹介する個展コーナーです。
作品は拡大表示した時に、画像右半分をクリックすると次の画像が表示されます。

呑兵衛太郎

製作者:太郎さん
スケール:1/87
サイズ:90ミリキューブ


90ミリキューブの第二弾です。
LED3灯使用で小さな居酒屋を作りました。ビールケース、ポリバケツ、換気扇のフードはプラ板で加工。赤提灯も有る材料でフルスクラッチ。


12345

懐かし系キューブ

製作者:太郎さん
スケール:1/87
サイズ:90ミリキューブ


久しぶりの投稿です。
100円ショップで見つけた90ミリキューブディスプレーケースに収まる、懐かし系のミニチュアを作成しました。


12345

サンタハウス

製作者:太郎さん
スケール:1/80
サイズ:ベース12×12p高さ8p


毎年Hallowe'enやChristmasのデコレーションミニチュアを作っています。
今年は暖炉の炎が揺れるサンタハウスを作りました。
左の部屋はリビング、右の部屋はプレゼントで埋め尽くされています。
針葉樹は爪楊枝と乾燥水草で、リースは細い針金と「紙造り」さんの落ち葉などを使ってオリジナル製作しました。
雪素材はタミヤ製とスノースプレーで、青色LEDでライトアップ。
3系統のスイッチで暖炉、室内、ライトアップそれぞれのシーンを楽しめます。


12345

Maggieのギャラリー

製作者:太郎さん
スケール:1/72
サイズ:ベース12センチ×12センチ・高さ8センチ


12センチジオラマシリーズの最終作品です。

町はずれの農家を改修して作られたギャラリー。
主人はMaggie(マーガレット)で雑貨店Lindaの一人娘。

ガレージThomasが密かに恋心を抱いてる素敵な女性。

そんな人々が暮らす街Detroitを舞台に8つのジオラマが完成しました。

入口横の窓にはステンドグラスが
ギャラリー内部には作品を照らす白色LEDと館内照明の電球色LEDが、合わせて5つ点灯します。


12345

シェルスタンド

製作者:太郎さん
スケール:1/72
サイズ:ベース12センチ×12センチ・高さ8センチ


12センチベースのジオラマ・第7弾です。
車が脇役のジオラマを作っていますので、その必要性からガソリンスタンドを作ってみました。

今回は給油機とコーラの自動販売機を粘土とプラバンで作成。
給油機には極細リード線を使ったホースも付けました。

店舗左のタンクは、ボールペンの軸とガンプラパーツで、店舗右のドラム缶や古タイヤは石粉粘土で作ってあります。

このスケールで無い小物を創作する、材料探しも楽しみの一つになりました。


12345

DowsonのCafé

製作者:太郎さん
スケール:1/72
サイズ:ベース12センチ×12センチ・高さ8センチ


12センチジオラマの第6弾です。

今回はDoesonおじさんのCafé
今日は雑貨店Lindaの誕生日で、街中の人々がお祝いに集まってきました。
Lindaへのプレゼントは大きなテディベアです。

そんなストーリー性のある12センチジオラマシリーズは第8弾まで続きます。


12345

Gardening shop

製作者:太郎さん
スケール:1/72
サイズ:ベース12センチ×12センチ・高さ8センチ


今回で投稿70回になります。
作品は12センチベースのジオラマ第5弾「ガーデニングショップ」です。

店内右側には生花や鉢植えが、左側にはガーデニンググッズや関連書籍の棚があります。
画像2枚目の店内右側に写りこんでいる男性が、修理工場の主人Thomasです。
彼は誰かの記念日にブーケを注文したようです。
誰の記念日か?
それは次回作品で明らかになります。


12345

カジノバー

製作者:太郎さん
スケール:1/72
サイズ:ベース12センチ×12センチ・高さ8センチ


12pジオラマの第4弾
「カジノバー」です

四角四面の建物だけでは単調になってしまいます。
さかつうさんで取り扱っている「ウッドランド」のモデルを参考にさせていただきました。
アウハーゲン社の窓枠を改造して入口にしたり、木粉粘土で石積みを再現したり、全体の構造は航空ベニヤです。

街はずれの、ちょっと怪しいバーになったでしょうか?


12345

改装中の店舗

製作者:太郎さん
スケール:1/72
サイズ:ベース12センチ×12センチ・高さ8センチ


ガレージ・雑貨店につづき第3弾のジオラマです。

どんなお店にしようかと作りながら、ふと思いついたのが改装中の店舗。
または売りに出している店舗でした。

丁寧に作りこんでから汚す作業は、いつになく格別の思いでしたが、出来あがってみると納得!

どこの街にもこんな情景がありますものね。


12345

GarageとGeneralshop

製作者:太郎さん
スケール:1/72
サイズ:ベース12センチ×12センチ・高さ8センチ


前二作品のその後です。
1/75スケールのフィギュアが入手できたので、建物と車両と一緒にレイアウトしてみました。

リンダの雑貨店の隣が、トーマスの修理工場という設定です。
ガレージ内の青年はトーマスではなく、アルバイトのJimmie。
トーマスは、この後の作品のGardeningshopで油を売っている。。。という物語に続きます。


1234

リンダの雑貨店

製作者:太郎さん
スケール:1/72
サイズ:ベース12センチ×12センチ・高さ8センチ


Thomas's Garageと同じサイズのジオラマです。
60年代アメリカの町をイメージして建物を作りました。

建物は航空ベニヤ、その他檜材です。
ショウウィンドウの中は、さかつう取り扱いのプライザー社製HOゲージのバックやコートのキットを流用しています。一部は厚紙に印刷したギフトボックス風の小物も置きました。

建物の前には石畳の道路があり、同サイズのミニカーを置く事が出来ます。
最後の画像はThomas'sGarageとのコラボレーションです。


12345

Thomas's Garage

製作者:太郎さん
スケール:1/72
サイズ:ベース12センチ×12センチ・高さ8センチ


1/72スケールの車両プラモデルが手に入ったので12センチ角ジオラマにまとめてみました。

初期の作品はほとんどが12センチ角のジオラマです。

今回は1960年代アメリカをイメージしてシリーズで幾つか作る予定です。

初めの画像の車輌は英国のオープンカーです。製作途中で1/72スケールのミニカーが入手できたので、最後の方はワーゲンが写っています。

車両は固定せず、気分で入れ替えたり、他の作品とコラボさせたいと考えています。
HOゲージのホワイトメタル製、だるまストーブや壁掛け電話なども隠し味に置いてみました。


12345

ベネッチア

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:高さ15センチ幅20センチ奥行き10センチ(木枠を含む)


油彩キャンバスの木枠の中に情景を作るP.F.A(ピクチャーフレームアート)6作目です。

夏に向かって水辺の風景を!と思い作成しました。
実際のベネッチアの風景写真数枚を絵におき変え、その絵を元に建物やゴンドラを作りました。
建物はアート紙、舟は石粉粘土です。

波の表現:もう少し穏やかにしたかったですね。


12345

Hotelオペルブリッツ

製作者:太郎さん
スケール:1/76
サイズ:ベースA5 高さ7〜8センチ


ベッケンハイム郊外の第二弾です。

同じドイツの地方の街角をジオラマにしてみました。
魅力あるバスを主人公に、ホテルに集まる人々を賑やかに表現しています。
同じ情景でも、昼と夜の違いがあり、音楽や人々のざわめきも聞こえてきそうな情景に仕上がりました。

一部、ベッケンハイム郊外のジオラマとコラボレーションした画像になっています。


12345

ベッケンハイム郊外 その1

製作者:太郎さん
スケール:1/76
サイズ:ベースA5 高さ7〜9センチ


久しぶりの投稿です。

1/76スケールモデルのバスに一目惚れして、この作品を作り始めました。1930年代のドイツ製のバスです。
実際は軍用ですが、ドイツらしい町並みに溶け込ませられればと試行錯誤。
ドイツの街にある小物を調べ、オリジナルで再現しました。
都市部では電線は埋設、地方都市ではまだ電柱もあるようですが、今後街灯など増設してみようと考えています。

また、今回初めて人物登場です。


12345

アトリエ

製作者:太郎さん
スケール:1/10
サイズ:ベースA5・高さ5〜8センチ


私のアトリエ(作業場)のミニチュアです。毎日目にしている小物たちを忠実に再現してみました。
フィギュアパーツの関節部品を応用してデスクスタンドは屈曲可能。

ゴミ箱はアトマイザーのキャップ、デスクスタンドの笠の部分はボタン、中央には実物同様にレンズも入れました。


12345

コートダジュール・エズの村

製作者:太郎さん
スケール:1/48
サイズ:ベースA5・高さ8〜9センチ


以前P.F.Aで作ったエズの村。
今回は遠近法無しで4棟の建物を作ってみました。

壁は木粉粘土を盛りつけ、硬化する前に石積み風に加工しています。
一軒は内装を見せて「スーベニールショップ」にしています。
アイアンアームは0.2ミリの真鍮線を屈曲半田付けしました。


12345

レトロ曙町

製作者:太郎さん
スケール:1/87
サイズ:ベースA5 高さ7〜8p


神社を含め、合計7つのオリジナル建物です。

映画館・旅館・お好み焼き屋・ホルモン焼き・中華料理店・子宝神社

どの店も子どもの頃の記憶に存在する思い出の場所です。


12345

スナック雅

製作者:太郎さん
スケール:1/87
サイズ:高さ6センチ・幅4センチ・奥行き5センチ


曙町の最後の店舗はスナック「雅」

はじめの頃に作ったお店ですが、なかなかデザインが決まらず、思うような画像が残っていません。
途中で店舗上半分のデザインを変更しています。
これからも勉強しないと!

次回は全体像を紹介させていただきます。


12345

中華「龍苑」

製作者:太郎さん
スケール:1/87
サイズ:高さ5センチ・幅6センチ・奥行き7センチ


レトロ曙町 最後の分譲地にOpenしたのは中華料理屋「龍苑」です。
中華風の味わいを出すために。店舗部分は白壁に赤い扉や窓枠に!
一方、生活部分は地味な板張りの造りにしてみました。

レトロ曙町
龍苑の向かいのスナック「雅」
地味〜な店なので公開は未定です。


12345

子宝神社

製作者:太郎さん
スケール:1/87
サイズ:高さ5センチ・幅6センチ・奥行き5センチ


レトロ曙町の鎮守様「子宝神社」です。
見よう見まねで神社らしさを出すのに苦労しました。
棟の反り・お賽銭箱・狛犬・本坪鈴など、小物で情景をカバーしてみました。
神社の敷石はシート状の市販品を、狛犬と台座は大理石調粘土で、あとは桧材です。本坪鈴はビーズパーツを流用しました。


12345

お好み焼き「ひょうたん」とホルモン焼き炉ばた大将

製作者:太郎さん
スケール:1/87
サイズ:高さ5センチ・幅4センチ・奥行き6センチ


レトロ曙町の新しい住人です。
ベースはA5サイズ。旅館はなぶさと曙町キネマの続編になります。
平屋の小さな店は子どものお小遣いでも楽しめる「お好み焼き」。
隣はお父さんたちの憩いの場「ホルモン焼き炉ばた大将」です。


12345

レトロ曙町

製作者:太郎さん
スケール:1/87
サイズ:高さ6センチ・幅8センチ・奥行き4センチ


昭和の情景シリーズ1/35から一転
1/100にスケールダウンして作り始めたところ、HOゲージのスケールに小物パーツが豊富にあるようなので、1/87スケールに設定しました。
作品名は仮題とします。

1/35で作成した「曙町キネマ」の再登場と「はなぶさ旅館」の共演です。
素材は航空ベニヤと桧材、HOゲージパーツの雨樋や窓枠、扉などを使っています。
今後A5サイズのベースに建物が7棟建つ予定です。


12345

大薮医院

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベースA5サイズ・高さ9cm


前回の「サイトウ床屋」とコラボレーションの「大薮医院」です。
昭和の情景のモデル探しも思いに任せず、とうとう町医者の登場となりました。
いつも登場人物(建物)のネーミングに悩みますが、今回は即決定!
次回は街並みジオラマに取り組んでみようと思っています。


12345

サイトウ理容店

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース18cm×14cm高さ12cm


昭和の情景シリーズのつづき
第6弾「サイトウ理容店」です。

昭和モダンな建物をイメージして、2階部分はカーブのデザインにしています。
収納の関係で高さはデフォルメしていますが、目隠し用のレース素材が見つからず、店内も作り込むことになってしまいました。

この理容店は次回作とのコラボレーションを予定しています。


12345

駄菓子屋

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース18cm×14cm高さ12cm


〜迎春〜

旧年中はいろいろお世話になりました
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年第一作は、昭和の情景シリーズ「駄菓子屋」です。
モデルは私の記憶にある近所のお店で、玄関を入ると土間になっています。
駄菓子屋さんの家の一部が売り場で、お勝手やトイレも見えそうな小さなお店でした。

ミニチュアでは更に奥行きがない為、襖や障子越しにLED間接照明で照らし、奥の間があるように見せています。

店の脇にはお地蔵様のお社、お供えの団子も作ってみました。


12345

「焼き鳥まちこ」&「東雲不動産」

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース18cm×14cm高さ12cm


昭和の情景ミニチュア第5弾です。
ちょうど50作投稿になると「さかつう」さんが教えてくださいました。

前作の「東雲不動産」の左隣にある「焼き鳥まちこ」のコラボジオラマです。
今まで建物内は見せない工夫をしていましたが、「焼き鳥まちこ」ではお持ち帰りコーナーがあるため、見えそうで見えない、それでいて奥行きのある店内を再現してみました。
焼き鳥の炭火は赤いLEDがゆらぎます。

一年間ギャラリーでお世話になりました
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます


12345

東雲不動産

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:高さ9センチ幅8センチ奥行き5センチ


昭和の情景ミニチュアの第四弾です。
いかにも不動産屋といった入口ガラス一面のチラシやA型の立て看板などを表現してみました。

この東雲不動産は、第五弾のミニチュアと同じベースに乗せる予定です。


12345

昭和の香漂う情景

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース18cm×14cm高さ12cmX3台


曙キネマ・やよい水産・みなみ食堂など、今までに作ったジオラマを集合させてみました。
もともと接合目的で作っていないので、つなぎ目は甘いつくりになっています。
以前作った「たばこ屋」もゲスト出演です。

最後に工場ツールの最新画像を載せました。
「模型飛行機製作中」の情景で、ウォーターラインシリーズの艦上戦闘機を使っています。


12345

みなみ食堂・やよい水産

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース18cm×14cm高さ12cm


曙町キネマにつづく、昭和情景シリーズです!
宴会や仕出しなんて出来そうもない「みなみ食堂」と食品ディスプレーに鮪の兜なんか飾ってる「やよい水産」

目を閉じて浮かんで消える記憶を元に頑固オヤジの料理店を作ってみました。二軒の店構えの違いを出すのに汗だく。


12345

曙町キネマ その2

製作者:太郎さん
スケール:1/32
サイズ:ベース18cm×14cm高さ12cm


前回の曙町キネマに小物の追加です。幟旗を2本立ててみました。
「入館料割引」と「特別感謝デー」です。

予告として、現在製作中の画像も添付してあります。


12345

曙町キネマ

製作者:太郎さん
スケール:1/32
サイズ:ベース18cm×14cm高さ12cm


初めて?正方形12cm角のジオラマからサイズアップした作品です。
12cmジオラマでは表現しにくかった大き目の建物は昭和の映画館「娯楽の殿堂・曙町キネマ」
ベースは写真用パネルのA5サイズ
車はアリイ社製のトヨタパブリカです。
各所にLED照明を備え、まだ小物も増設予定です。


12345

山幸運送part2

製作者:太郎さん
スケール:1/32
サイズ:ベース12×12cm、高さ11cm


以前ミゼット初期型を主人公に作ったジオラマ「山幸運送」の続編として作成しました。

運送の取次ぎ店という設定で、車庫を備え母屋には休憩所として囲炉裏と茶箪笥、座布団があります。

さかつうで購入したホワイトメタルの猫も登場。今回初のチャレンジは囲炉裏に揺らめきトランジスタを接続し炎がちらちらと光るのと、ミニ盆栽です。


12345

ハロウィンデコ

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:9cm×9cm高さ7cm


この季節になると作ってみたくなるハロウィンデコ!
今年で3年目になります。

今回は点滅LEDとフルカラーLED、そして音のギミックに挑戦しました。
赤いタクトスイッチを押すと「女性の悲鳴が・・・」
動画の投稿がうまくいかないのが残念です。

<さかつうより>
動画の投稿、できるようにしたいです!
ファイルサイズの問題などあり、当分はYoutubeなどの動画サイトへアップしていただき、そのリンク先をお知らせする方法になるかと・・・。
ご不便おかけしますが、よろしくお願いいたします。


12345

ツール工場夜景

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


前回投稿したツール工場ジオラマの夜景を撮影してみました。
スタンドに仕込んだチップLEDのみの情景です。 窓に映るスタンドや壁に伸びるグラインダーの影が、思いのほかリアルに見せてくれました。 タミヤ製1/35メンテナンスヤードセットから溶接用バーナーとガス&酸素ボンベも追加してあります。


12345

工場ツール

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:不明


さかつうさんで購入したダイオパーク社製のプラスチックモデル。 箱絵に習って情景化してみました。作品といえるかどうか、判りませんが

壁、床、窓はオリジナルで、シナベニヤにホイップ粘土をヘラで塗りウェザリングしています。

D.P社のモデルのディティールは細密で塗装のし甲斐があり楽しめました。

各パーツの情景への接着は、さかつうさんで購入したアクリアンカーです。 接着面積が小さいので、丁寧に扱えば外して再利用可能です。


12345

居酒屋「穏坐」

製作者:太郎さん
スケール:1/30
サイズ:ベース28×19cm 高さ10cm


「虹」「リコレス」と同じく、実店舗の再現ミニチュアです。
99%手作りで既製品は猫だけです。

LED照明もチップや平型、砲弾型など各所に使い、5系統でオンオフします。

見えない場所にあるワインセラーにはワインボトルが!
  エアコン室外機の中には4枚羽のファンも作りこみました。

最後の味付け、小物製作中ですが、今月末には実店舗に展示予定です。

モデルになった居酒屋「穏坐」のブログはコチラ
http://ameblo.jp/moto5649/
お店の写真が模型とそっくり!!(逆か?)


12345

小さなP.F.A「月夜の町」

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:高さ13センチ幅17センチ奥行き10センチ(木枠を含む)


キャンバス木枠の内側にミニチュアジオラマを作るP.F.A(ピクチャーフレームアート)5作品目です。
酒場とクラウンの作品のような乾いた町並みにつきの明かりが青々と遠近感を立体で表現するのがとても難しく感じた作品です。

建物はアート紙でリキテックッスのテクスチャーで建物の表情や地面のざらつき感を出してみました。


12345

フェアリーハウス

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:ベース9cm×9cm 高さ7cm


コロポックル?妖精?小人?
小さな世界に憧れたあの頃を思い出して、小さな世界の住人の家を作ってみました。すぐそばには小動物の住みからしき穴も・・・

木の根はサツキの根を使用。小さな葉は紙造りさんの葉を使用しています。
家には一灯フルカラーLEDが仕掛けられています。


12345

フィッシャーマンズハウス

製作者:太郎さん
スケール:1/100
サイズ:ベース13p×10p 高さ7p


カナダ製の小屋を1/100スケールに落とし檜とバルサで作りました。
中央のドアは「ダッヂドア」といって上下が別々に開くよう忠実に再現してあります。
小屋の内部の小物とカヌーは石粉粘土で、釣竿は伸ばしランナーで作りました。
川の中の小さな魚が見えるでしょうか?


12345

ギミックハウス

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:ベース12cm×12cm 高さ7cm


12p角ミニチュアハウスの異端児
ギミックハウスはアメリカのダウンタウンにありそうなカジノとシアターの入ったファンキーな隠れ家!
地下へ続く階段、映画のプロモーション映像の仕掛け、七色に変化する照明など、賑やかな音楽が聞こえてきそうな場所をイメージして作りました。


12345

酒場とクラウン

製作者:太郎さん
スケール:1/80
サイズ:ベース12cm×12cm 高さ7cm


食玩のオマケのクラウンと、空想の街並みを融合させてみました。
酒場の二階は簡易ホテル。外階段で二階へ上がります。
向かいにはサロンやビリヤード場の建物もある、ちょっと寂れた場末の一角です。


12345

洋風酒場リコレス

製作者:太郎さん
スケール:1/30
サイズ:枠内26センチ×19センチ・奥行き11センチ


行きつけのバーの姉妹店「リコレス」のミニチュアです。
実店舗のミニチュア化は2作目ですが、今回はP.F.A(ピクチャーフレームアート)として奥行きを他の寸法より縮小して再現しています。
このスケールなので既成のパーツはほとんど無く、100%オリジナルで何とか仕上げることができました。

LED照明はダウンライト・スポットライト・ペンダントライトなど実店舗と同様に配置してあり、3系統のスイッチでオンオフできます。

モデルになった「リコレス」のブログはコチラ
http://ameblo.jp/klnagas/
ミニチュアへの店長コメントも書かれています。


12345

山麓乳業

製作者:太郎さん
スケール:1/32
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


ホンダT360と牛君を主人公に、のどかな昭和牛乳集積場の風景を再現してみました。
すべての造形物は想像上のもので実在はしません。牛君モデルが来日する前はタミヤ製ラバ君がゲスト出演していました。

ヘッドライトと小屋の天井にLED照明を仕込んであります。


12345

マツダクーペとアンティークショップ

製作者:太郎さん
スケール:1/32
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


昭和の風景ジオラマ最終作です。
アリイ製1/32のお洒落なマツダクーペに似合う昭和の背景にアンティークショップを選び作成しました。
ショーウィンドの中は実物のピアスやペンダントヘッドをアレンジしてみました。
LED照明は店内二か所とヘッドライトです。


12345

喫茶オリエンタル

製作者:太郎さん
スケール:1/32
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


昭和の風景ジオラマ・第4弾
アリイ製のスバル360を主人公に、ちょっとモダンな喫茶店を背景に作ってみました。
ヘッドライトと店内、そして店頭の行灯にLEDを仕込みました。


12345

たばこ屋

製作者:太郎さん
スケール:1/32
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


今回もアリイ社製1/32マツダK360を主人公に。
昭和の風景ジオラマを作成しました。
赤いポストもアリイ社製ですが、その他はオリジナルで作ってみました。


12345

山幸運送

製作者:太郎さん
スケール:1/32
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


アリイ社製1/32のミゼット初期型を主人公に、昭和の情景を再現してみました。 
コンクリ製のゴミ箱、土管、木杭とバラ線(有刺鉄線)など、オリジナルで情景に色を添えています。
街灯はあえてオレンジ色LEDを使い、夕景をイメージしています。ヘッドライトには白色チップLEDを埋め込みました。


12345

エズの街・コートダジュール

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:高さ13センチ幅17センチ奥行き10センチ(木枠を含む)


キャンバス木枠の最小サイズの内側に「エズ」の街の一角を再現してみました。
アート紙をベースに木粉粘土で肉盛り。遠近法で奥行き感を表現しています。4か所にLED照明があり、違った表情を見せてくれます。
卓上用の脚と壁かけ用のフックをつけました。


12345

昭和の風景

製作者:太郎さん
スケール:1/32
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


アリイ製1/32のダイハツミゼットを主人公に、昭和の懐かしい風景をジオラマにしてみました。
板塀の幅は5ミリの檜材です。工作用鋸で傷をつけ、木目風の再現。ホーロー看板はブリキの板を加工して作ってあります。ヘッドライトにチップLED,前輪部分にマイクロモーターを内蔵し、スイッチでエンジン音と振動のギミックに初挑戦しています。


12345

P・F・Aその三

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:21×15×9センチ(枠内)


ピクチャーフレームアートの第三段です。
今回はグリーン系のドアや窓枠、室内にはオルガン。向かって左側には裏庭に通じるアーチと高窓を設置。窓の中にはそれぞれ小物がしつらえてあります。
画像はありませんが、LED照明で各所がライトアップされます。


12345

ピクチャーフレームアート その二

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:21×15×9センチ(枠内)


キャンバス木枠の内側にジオラマを作ったP・F・A(ピクチャーフレームアート)の二作目です。
タミヤ製1/48のフォルクスワーゲンの後部をカットしてガレージに納めてみました。
建物のベースはアート紙、リキテックスのテクスチュアジェル等で建物の質感を出してみました。


12345

ピクチャーフレームアート その一

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:21×15×9センチ(枠内)


油彩画のキャンバスの木枠の内側に想像上の建物をミニチュア化してみました。
奥行き9センチに無限の広がりを求めた第一作。
情景の持つ意味合いより表面性状やLED配線の練習になり、初めて1608チップLEDを玄関横に使っています。


12345

ダディの修理屋

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


タミヤ製1/35のモデルを使って田舎町の修理屋をイメージして作りました。
リアルな小物達に主役を奪われそうなジオラマですが、主人公はシェパードの飼い主ダディ!どんな人柄のご主人様か想像するのが楽しい♪そんな作品になったでしょうか?

LED照明は3つ 室内・看板とサイドの赤いランプで彩りを添えました。


12345

私の部屋

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


男くさいイメージから一転、フェミニンな女性の部屋をイメージして作りました。
部屋の形、出窓、庭の空きスペースに何を置くか、楽しみながら配置を考えて完成。家具にはトールペイントも施しました。
男の書斎同様、正面向かって右側はアクリルのスライドドアにして、室内が見える工夫をしています。


12345

夜空のムコウ

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:BOXサイズ25cm×12cm×高さ7cm


頂き物のバーバーリーの木箱に再現した小さな街並み。
個々の家のLEDは2系統で点灯。中央手前にグラデーションのLED。
BOX右側にオルゴールがあり、蓋を開けると「夜空のムコウ」のメロディーが流れます。


12345

男の書斎

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


男なら誰でも憧れる?隠れ家的な書斎。
アート紙にチークの薄い板を貼り外壁にしてあります。家具は檜材で作りました。
タミヤ製1/35ミリタリーシリーズの小物を使用しています。
一面の壁はスライド式のアクリル壁にし、中の様子が見えるようにしてみました。


12345

FantasyLand

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:ベース9センチ×9センチ・高さ8センチ


メルヘンチックな夢の街を作ってみました。
ハウスは厚さ1ミリのアート紙で組み立てアクリル塗装。ハウス一つ一つにLEDを組み込んでいます。


12345

MARYCHRISTMAS

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:ベース10センチ×10センチ


巷で流れるクリスマスメロディー!今年のテーマは「空からのプレゼント」
サンタクロースのソリはツリーに衝突、積んであったプレゼントが雪だるまたちの元へ舞い降りてきました☆

ツリーも雪だるまも材料は石粉粘土で、グラデーションのLEDを使っています。


12345

バードハウス

製作者:太郎さん
スケール:1/100
サイズ:幅5センチ・奥行き4センチ・高さ6センチ


私の家の庭にあったカナダ製のシダーハウス(物置小屋)をモデルに箱を作りました。
今回はバードハウスを作る小屋を想像しつつ再現してみました。材料はバルサと檜です。


12345

キャンティーン

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


キャンティーンの意味は水筒で、ドリンク専門の小さなお店です。
透明のプラ棒で数十本のボトルを作ってみました。


12345

HappyHallowe’en

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:ベース9センチ×9センチ


季節の飾りを石粉粘土で作ってみました。


1234

キッズツリーハウス

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:ベース7cm×9cm 高さ10cm


カナダ製シダーハウスのキッズハウスです。
実寸のサイズを1/100に縮小して作りました。屋根と後ろの壁は取り外せるようになっていて、中の様子が見える工夫をしてみました。
おもちゃの車は石粉粘土、木馬はヒノキ、三輪車は極細のバスウッドで作りました。


12345

ブレッドショップ

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:ベース12×12cm 高さ7cm


作品の構想が浮かばない
そんな時に石粉粘土で作り置きしていた小さな手作りパン。
そのパンのショールームとして完成したのがブレッドショップです。
パンのトレーなど同型の物を量産するのが大変でした。


12345

ウッドクラフトショップ

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:ベース12×12cm 高さ7cm


正方形のベースに7pの壁。この基準値に展開させたミニチュアハウスです。
木工の好きな住人は木馬やソリ、木製ラジオのケースを作っています。
廃材は薪ストーブで燃やしているようです。


12345

石畳のある街角

製作者:太郎さん
スケール:1/48
サイズ:ベース12×12cm 高さ9cm


タミヤ製1/48の旧ソビエト軍車両と情景アクセサリーの街灯を使っています。
石畳は大理石風粘土、紙造りさんのマンホールも使っています。
レンガとテラコッタ風の植木鉢も石粉粘土です。


12345

白いパーゴラのあるガーデン

製作者:太郎さん
スケール:ノンスケール
サイズ:ベース12×12cm 高さ7cm


精巧な紙造りさんの門扉をミニチュアで表現したくなり試行錯誤。
門扉は1/35スケールですが、ノンスケールのガーデンハウスに合わせてみました。丸太と雑草の一部は天然の素材を使用しています。


12345

グロセリーショップ

製作者:太郎さん
スケール:1/100
サイズ:15p×10p 高さ7p


今回もカナダ製シダーハウスのミニチュア化です。
郊外にOPENした無農薬野菜とハーブのお店。店内では無料のハーブティーも!!
野菜たちは石粉粘土で作り、リキテックスで塗装、ニス仕上げしました。


12345

スタンドバー虹

製作者:太郎さん
スケール:1/50
サイズ:300×400 高さ170mm


行きつけのスタンドバーを再現しました。
製作途中より設計図面を快く提供してくださったオーナー!そして詳細な寸法割り出しの為に通うこと週1〜2度。財布に厳しい製作でしたが、私にとって第一号のミニチュアハウス作品です。
どんな材料があるのか、どこにどの材料を使うのか、すべてがゼロの状態からスタートして3カ月。今ではBarに飾ってもらい、お客様の目を楽しませています。


12345

バイクショップ

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース12cm×12cm 高さ7cm


タミヤ製1/35の軍用バイクを今風のバイクショップに飾ってみました。
ショップの広さとバイクの大きさに無理もありますが、小物のデスクなど凝ってみました。


12345

Stopping time

製作者:太郎さん
スケール:1/35
サイズ:ベース12cm×12cm 高さ7cm


タミヤ製の動物キットを省スペースにジオラマ化し、のどかな風景を演出してみました。
動物はサーフェイサーの上にリキテックス塗装で仕上げました。豚と鶏の会話が聞こえてきそうです。


12345

シトロエンのある街角

製作者:太郎さん
スケール:1/48
サイズ:ベース12cm×12cm 高さ7cm


タミヤ製1/48のシトロエンを主人公に、街角の再現をしてみました。
くろがね四起と同じパターンですが、アーチを設けて街並みに変化をつけてみました。


12345

オープンカフェ

製作者:太郎さん
スケール:1/48
サイズ:ベース12cm×12cm 高さ7cm


屋根部分を半分にした開放感のあるカフェです。
白壁とデッキの茶のコントラストが特徴です。小物としてコーヒーサーバーやジュースサーバー、スナック類は石粉粘土で作ってあります。


12345

くろがね四起のある街角

製作者:太郎さん
スケール:1/48
サイズ:ベース12cm×12cm 高さ7cm


シナベニヤのベースに画材用の厚紙で建物を作り、LED照明を設置しました。
くろがねはタミヤ製1/48ですが自転車はタミヤ製1/35です。軍用車両ですがお洒落に塗装してみました。


12345

カナディアンシダーハウス

製作者:太郎さん
スケール:1/100
サイズ:45mm×95mm高さ75mm


実在するカナダ製のガーデニングハウスをバルサ材と檜材、小物は石粉粘土で作っています。


12345

ガレージ

製作者:太郎さん
スケール:1/48
サイズ:ベース17cm x 10cm 高さ10cm


タミヤ1/48ミリタリーモデルに合わせてガレージを作成しました。
木材は檜でベースには木粉粘土、一部プラモデルのパーツ使用しています。ウェザリング等の塗装はリキテックス使用。


1234
このページの先頭へ